いつまでも健康体で居たいなら血流改善をしよう

ビーツを食べて血流促進

レディ

あの野菜で健康が手に入る

皆さんはビーツという野菜を聞いたことがあるでしょうか。ヨーロッパやアメリカではよく使われる定番野菜ですが日本ではあまり馴染みがないかもしれません。ビーツは「飲む輸血」「飲む血液」とも言われ、血行改善効果があります。これを摂取すると健康成分であるNO(エヌオー)が働き出し、それにより血管の筋肉が拡張され、結果血流改善に繋がります。血流が良くなるということは、細胞を元気にし、体調の改善に一役買ってくれるというわけです。ビーツをまな板の上でカットすると、真っ赤な断面が目の前に現れます。またまな板や包丁、手までもが赤く染まり、いかにも血流を良くしてくれそうなイメージです。海外のセレブや健康志向な人、そしてヨガが好きな人などはこぞってビーツを食生活に取り入れているようです。美容や健康が気になる人はまず血流改善から始めると言います。ではどうやって摂取すれば良いのでしょうか。オーガニック食材を取り扱っているスーパーマーケットにはビーツジュースやビーツスープが置いてありますので気軽に始められるでしょう。もしそういう商品が見つからなければ勇気を出してビーツそのものを購入してみましょう。軽く茹でてポテトサラダに入れてもカラフルになって可愛いですし、ポトフやスープを作るときに一緒に投入してみても良いでしょう。ビーツは触感も良いのでサラダに入れてもアクセントになります。最近は日本でも少しずつメジャーになってきている野菜ですので、レシピもたくさん出ています。好きなものを試してみると良いでしょう。続けているうちに血流改善を実感できるでしょう。見た目の可愛さと美味しさだけではない優れものビーツ。血流改善を図って美肌や心臓強化、そして肩こりや疲れ改善効果も手に入れてみませんか。